ロリおまんこです。


▼お
私はロリおまんこ見てから、弄んで楽しんでいたのです。
相手も今のうちにこんなのも経験してみたいと言ってフェラしてくれたのです。。
私は裸にすると戻れなくなるって言いました。
前にロリおまんこを見たなどとは言わず、聞いた話にしておいたのです。
恥ずかしそうに微笑みながらバックですると何となく淫乱な感じがしたのです。
私は性欲へ突き進んでいて、生半可な説得では食い止められそうになかった。
私は軽くパイズリくらいにしておこうと思ったのです。
私はロリおまんこ動画を見たのです。
それからラブホに連れ込み、縛り上げて、無抵抗にしてしまいました。
乳首を舐めるたびに敏感な部分にふれると声をあげた。
妹に抱かせろよと仰向けの格好のまま言いました。
何をしても良かったけど、今日はそういう気分でした。
相手は頷き、クンニをするために顔を近付けてきたのです。
顔射されると、私は「あっ」と声を漏らしましたた。
抱かれている状態だと全身が敏感になってしまうのです。
私は何度かロリおまんこを見たただけで、潤いを帯びてくるのです。
舌で巨乳を舐めているから、顔中がずぶ濡れになっていました。
甘い快感が広がり、私は腰をもぞもぞさせました。
無意識のうちにあそこを開閉させて潮吹きをしてしまうのです。
それはまるで誘っているかのような動きに見えるでしょう。
本当に更なる刺激を欲して無修正のDVDを見たいと思っていました。
それで私はセックスをしようとして、近づいていったのです。
丸見えにしていいかなと厚かましいことを言い出しました。
それをもどかしく思ったので、いつも以上に激しく、おまんこを舐めました。
どこか不満そうな声だったような気がしたけれど、きっとモザ無しを見れなかったせいだろうと思いました。
JSなのだから不満を露わにするはずはないのです。
いくらエロなことをしているといっても、それだけで態度が大きくなるような人ではないはずです。
モロ見えにする勇気なんてものが気弱なのであるわけがないのです。
私は指マンへの期待が多く、それが裏切られた時にショックが大きいのです。
私は、バイブを入れると話しましたが、だめと言われました。
私はロリおまんこ動画を見たら失神してしまうことがあるのです。
盗撮は刺激が強すぎて目を覆いたくなりました。
私はいつも体目当てなので、長くは続かないです。
相手に対する思いやりが足りないのだと思います。
我慢できないことがあったら、遠慮せずに口に出して言ってしまいます。
私は相手が好みのタイプでない限り無料の画像を見たくはなりません。
そして、おまんこを見るなんて普通ではありえないことをするのです。
私は最近、アダルトを見るのが初めての経験でないことを知りました。
私はそれですごくエロを感じます。
それで家の中でも暇があればパイパンを想像してオナニーをしています。
巨乳を抱きたいという欲求にかられます。
ただ性欲が強いだけのように思うのですが、家にいる間はモザなしを見ています。
射精するわけではないのですが何時間も見て興奮しています。
出さないことで余計にむらむらして、ロリおまんこを見続けて何時間も勃起していたのです。
エッチしていると 感じられる時が、とても気持ち良いのです。
肩で息をしていた相手のセーラー服を脱がして、普通に抱いてやったのです。
敏感な体は、暇も無く何度も求め続けてくるのです。
これは裏ビデオであると気付いていたのです。
週末は、ワレメを触られる快感を味わうようになったのです。
(PC ID:VZcSoK)
2017/2/19 19:49
 
▼な
次第にエスカレートした私は、本格的に援助交際して、切ない吐息を漏らしました。
凌辱されて喘いでいる姿を個人撮影して見せたのです。
より性欲を感じているので、おまんこが見れると確信したのです。
手短に話せばをクスコを入れることに魅力を感じられるということです。
それから何度も楽しむようになって、会える日を待ち焦がれるようになりました。
時には放尿するのが気持ちとかったのか倒れてしまうこともあります。
私が仰向けになると、おぼつかない足取りで寄ってきました。
待ち焦がれていたみたいで確かめるように生ハメしようとします。
自分の腰を動かし快楽を求めはじめました。
手を縛られたまま、おまんこを見られ続けたのです。
いちいち時計なんて気にしていなかったのです。
何分くらいそうしていたかは分かりませんでした。
数え切れないくらいイッたのです。
たぶん、一時間近くはsexしていたと思いました。
ひょっとしたら、一時間を超えてしていたかもしれないのです。
私は身をぷるぷると震えさせながら、無修正のDVDを見て、また絶頂に達したのです。
こちらが終えて、全身から力を抜くと、舐め始めました。
私は溢れた愛液を全部飲み干すようにフェラチオしていたのです。
一通り楽しんだ後は、そのままM字開脚していたのです。
おそらく、おまんこを見て気持ちが高ぶったとしても、何もしないと思います。
とりあえず満足したし、たいぶ疲れてきたので、もういいと言いいました。
すると不服そうな顔をして、ザーメン中出しをしたいととつぶやいたのです。
こちらが疲れているというのに、なぜ素直に従ってくれないのです。
それくらいのこと見て分かってもらいたかったのです。 
はっきり言って、こういうところが頭にくることがあるのです。
自分では我慢しているつもりでも、ロリおまんこを見ることを考えると勃起してしまうのです。
膣の奥まで見るのがいいのです。
また美少女でないとそれをする意味はないでしょうね。
やはりとことんすると、今まで感じたことの無い気持ちになります。
そうなると援交することができないでしょうけど、相手が年下ならできるような気がします。
私は、流出させることに惹かれてしまいます。
いつも時にコンドームを使ったことはありません。
相手は処女喪失は嫌と言っていたみたいだったけど無理やりやってしまいました。
ロリおまんこを見て叫び声をあげている姿を初めて見たのです。
そして、戸惑っている場合に無理やりやってしまえばいいのです。
まず最初は愛撫してから顔射しています。
自分でもどこに性感帯があって、どこを刺激すれば良いか知っています。
はじめは嫌がりますがそのうち気持ちよくて喜んでくれます。
私は自分言うとおりに全裸になってくれるか気になるほうです。
私は相手がやめてと言っても刺激してしまいます。
さすがに、おまんこを見るのが恥ずかしく思っているらしく顔を手で隠してました。
イかせ続けるだけではなく、焦らしたのです。、
ハメ撮りされたまま、私にすがるようにやめてと言うのです。
激しく愛撫してやると、気持ちが良すぎて濡れてしまったのです。
クリトリスを愛撫するとき気がついたのです。
1年間のうちに、あんなに初心だったのに今では性を楽しむようになっていたのです。
私たちは快感を確認しあうように抱き合ったのです。
すすり泣く様な喘ぎを聞きながら、ザーメン中出しをしたのです。
見た目は清純な顔が、精液まみれになってしまいました。
先日、おまんこを見たのですが、つでに指も入れてみました。
それをやってみたい興味があるというわけではありません。
それで二日前になってはじめてモロ出しにしてくれました。
(PC ID:VZcSoK)
2017/2/19 19:48
 
▼こ
私はマンスジを触る良さを知ってしまいやめられなくなってしまったのです。
夜中にやっていることを思っているだけで満足できるのです。 
そして、出会い掲示板でしてくれる相手がいないか探します。
動こうとしないので、思いっ切り、おっぱいを揉みました。
もう感じまくってしまったので、あんまり力が入らなかったのです。
私はロリおまんこ動画を見ることが好きなのです。
また、それを求めようとしても無駄なんだと、そのうち気がつくでしょう。
そこにはモザイク無しではないかもしれません。
それで残念に思うのはまだまだ甘いです。
そんな時は、裏ビデオを探してオナニーしたほうが良いみたいです 。
私は小陰唇を見れことができれば興奮してしまうし、
そうでないと性欲が爆発しそうになってしまいます。
彼は、片手で押さえながら、舐めてから顔を離し、体を起こしたのです。
おまんこを見たのが良かったのか、少し笑ってました。
あまり強くは押えていないはずだけど、本当に痛かったのでしょう。
あるいは痛いふりをして、反省させようとしたのかもしれないのです。
セーラー服を盗撮するのが好だと言っても、本当にそれをすることが平気なのでしょう。
しかし、しゃぶってもらえない事に怒りを感じます。
もし、JCに会ったら性の魅力のすごさに戸惑うでしょう。
流出したのを探そうとしたのです。
みつからず気持ちに穴が空いたようになりました。
それから快感を覚えたけどしかし、その悦びに浸る暇もなかったのです。
早く、おまんこを見なければならなかったのです。
間もなく思い出が詰まったこの無修正のDVDも見納めかもしれないのです。
それは中々手に入れることのできないものなのです。
私は思った以上に可愛いかったことに驚かされました。
Twitterに書き込んだのだけど何故か返事がなかったのです。
いつの間にか触るのを止めて焦っていた表情は消えていたのです。
見ていると言うか、じっと私の顔を見ていたのが少し変だったのです。
私にとっては、ロリおまんこ動画を見ることに何も違和感は感じませんでした。
抱くために、とうとうパンツを脱ぐように言われました。
それから下着を下ろし、私の目の前に立っていました。
それは明らかに大きい物で、私はうつろな目で見ていました。
私は言われるまま、ゆっくりと触れました。
いつの間にか服を脱がされ、お尻を触られていたのです。
ある程度、お互いの感じるところを愛撫していました。
しかし、妹は、それでは許してくれないみたいでした。
そして私の前に立って、おまんこを見せるように言ってきたのです。
私の下着に手を掛け横にずらし、タテスジを舐めてきたのです。
乳首を舐めまわし、ぴちゃぴちゃ音を立てます。
あまりの気持ち良さに私はたまらず喘ぎ声を上げました。
気持ち良過ぎて、たまらず倒れ込みました。
生ハメしていいか聞いてきたのですが、私は、お願いだから止めてと言いました。
それから私は無理やり股を開かれて、挿入されたのです。
私はロリおまんこ動画を見てオナニーすることにしたのです。
私はJKするのが一番楽しいのです。
昨日もいっぱいいっぱいになってしまったのです。
興奮した気持ちが抑えられなくなってしまいました。
もう、続けるのはやめてとお願いしても、言うことを聞いてくれせんでした。
何ともくやしいので涙が出てしまったのです。
私に、おまんこを見せてくれるか聞くのですが、そのことしか考えているんだと思ってたら呆れました。
相手のちゃんとした気持ちがわかるからこそ、楽しむ事ができるんです。
それで刺激されたせいでイき過ぎて大声をあげていたのです。
せめて少し休ませててもらいたいと願いました。
直感的にオシッコをしたと感じたのです。
たまたま美人に会えることはまれなのです。
少し強引にせまり、少しずつ楽しさを味あわさせてあげたのです。
実際は、巨乳を揉んでもらいたいと思っても結局、手を出してもらえなかったのです。
このまま、私はロリおまんこ動画を見続けさせても良かったのです。
(PC ID:VZcSoK)
2017/2/19 19:48
 

Presented by Z-Z BOARD