女子高生の援助交際です。


▼こ
私は、女子高生と援助交際が出来たら、後のことはどうなってもいいと思いました。
きっと、無料の画像を見てオナニーしていることは想像できます。
私は、女子高生に援助交際をすることを前もって話してあります。
それを実行に移そうとは思わなかったのです。
ちょっと前まで、巨乳を数個とに、遠慮があったと思います。
強く押したせいで、そこは少し膨れていました。
私は前から気になっていた裏ビデオを見ることにしました。
私は女子高生と援助交際の動画を見ているだけで満足で、またそのほうが感じるのです。
なぜ今まで、脱ぎたてのパンツを渡してくれなかったのか不思議に思ったことがありました。
別に焦らすことが目的ではないのだから、このへんで挿入することにしました。
もう私と会うことはないとLINEで伝えられました。
また、モザイク無しを見た時のことを詳しく話してくれました。
その日、初めて会ったばかりなのに生ハメさせてあげたのです。
股間から垂れているのは、間違いなく私の精液です。
私は抵抗をしたのですが、中出しされてしまったのです。
これくらいで我慢できなくなるなんて考えられません。
つまり援助交際をすることは、難しく、それだけに意味のある事だと思います。
私は、急に性欲が湧いてきたのです。
気持ちが良くて、よがっている姿は可愛いのです。
もし、個人撮影をしたいのなら正直に言えばいいのです。
私が普段 使っている机の上に寝かせたのです。
そして、経験済みだから、イマラチオしてもいいと言ってくれました。
これで胸をさすってあげることができます。
私が言いたいのは、女子高生の援助交際の動画を見ることで性欲が感じられるということです。
もうこれで終わりにしてくださいと、苦しそうに言いました。
しばらくは、他のことに興味を持って、セックスをすることは控えます。
私が果てた後に、ゆっくりと顔を出したのです。
私が帰ったら、すぐにモロ出しにするように言っておきました。
ちょうど良い高さにするために座らせました。
また、sexをしたい気持ちになったのか、思わせ振りな態度をするのです。
きっと気持ち良くなるまで、我慢するつもりなのでしょう。
まさか、援助交際を始めるなんて、まったく信じられなかったのです。
もっと奥まで入れてと主張しているかのようでした。
私は17歳と話をすることが出来て浮かれていました。
感じ過ぎてしまったのか、なかなか起き上がることが出来ません。
1ヶ月近く会ってなかったので、貪るように巨乳を吸いました。
ようやく写真を写メしてもらって、気持ちが落ち着きました。
それは、あんまり強い願望でもなかったのです。
また、援助交際をすることを許してもらえたら、その関係は続いていくのです。
そんなにも我慢できないのか、不思議に思ったのです。
私は、丸見えにされたことで、気持ちが掻き乱されてしまったのです。
私はしゃがみ込んだまま、舐めることにしたのです。
こんなに何回も、ザーメン中出しされたら 、体がもたないと思いました。
私が、わずかに触れた途端、体を反らしたのです。
私が考えていた体位を全て試すことができたのです。
そして、会う約束をしたので指定された所に行きました。
これから抱かれるのに備えて体を綺麗にしました。
より多くの人に声をかけたほうが、個人撮影が出来そうです。
私は全身の力を振り絞って、突っ込んだのです。
(PC ID:VZcSoK)
2017/2/19 19:39
 
▼じ
普通に話をしていたら、急にsexをしたくなったのです。
私は、パイズリをしてもらうのは簡単だと思っていたのですが見当はずれでした。
ちょっと、股間に顔を近づけて臭いを嗅いでみました。
私はモザ無しを見て激しく興奮したのです。
きっと私のことを知ったら、援助交際をしてくれるでしょう。
その太さにもかかわらず、簡単に入れることが出来ました。
私は裏DVDを見るのが何よりも好きなんです。
私は、十分に時間をかけて愛撫したのです。
私は、どのような時にsexをしたくなるのか知りたいのです。
私は指を入れて、中で動かしました。
18歳になって、何を考えているか分からなくなりました。
私は、女子高生と援助交際の動画で見ているうちに性欲が増したのです。
わずかに濡れてきたのか、恥ずかしそうに脚を閉じました。
私が、ハメ撮りをすると言って断わられことは、まずありません。
その服は、ごく薄いもので、体の線が、はっきり分かりました。
私は、まだ処女喪失したくなかったので、そこには行かないと伝えました。
要求されたわけでもないのに、強めに愛撫をしていました。
とにかく、援助交際をしていたと思われることが、とても嫌みたいです。
その可愛らしさに胸が張り裂けそうになり、力強く抱きしめました。
もしかしたら、妊娠させてしまったことに気がついたのです。
他人に弄られたいと思ったこともないことはありません。
私は、顔出しの写真がどこにあるか探したくなったのです。
たぶんこれからもそうだろうと思います。
抱き合っているところを見られて感じていました。
私の女子高生と援助交際することで性欲を満たすことにしたのです。
同じことを何回か繰り返してようやく終えたのです。
私はエッチをしたかったのですが、どうしても言い出せません。
そこで、いつもと同じ格好をさせたのです。
まんこを舐めるために、ベットに誘い込もうとしたのです。
立ったまま少し屈むだけで、舐めることが出来るのです。
私は、無修正のDVDを見ることで、より快感が増すのですね。
必ず会いに来ると言ってましたが、確実に援助交際をしてくれるとは思えません。
これで思いっきり弄ってあげることもできるのです。
そして、エッチが終わると、その後、1週間は会わないのです。
私はとりあえず下腹部を手で摩ったのです。
とても可愛かったのでフェラをさせることが出来なかったのです。
私が撫でてあげると、低い声で気持ちいいと言うのです。
私が を女子高生に援助交際をしようと言ったら、泣かれてしまったのです。
このまま続けると、あとちょってでイってしまうでしょう。
私は、無修正のDVDを見て、自分で性欲を処理することにしました。
それはこれまでの経験から分かっていたのです。
なんとか理由つけて、マンコを見ようとしてくるのです。
私が触ったせいで興奮したのか、肩で息をしていました。
私は女子高生と援助交際をしたくなる気持ちが分らないでもないです。
そして、体からの熱気が、私にも伝わってきます。
長い時間をかけて、クンニをしてあげたら絶頂に達したみたいです。
もう本当に、限界になりそうになって、いったん抜きました。
そして、無修正のDVDを見たら、あの感覚が蘇ったのです。
この姿勢を保っている限り、再び挿入できるはずです。
つまり包み隠さず、援助交際をしてきたことを全て告白したのです。
まだ耐えられそうでしたが、いったん体を離しました。
とりあえず、オメコを舐めさせてくれるか聞いてみることにしました。
このまま、もう少し触っていたいと思いました。
もちろん、無修正のDVDを見るために特別な理由など必要ありません。
入れると私のものを締め付けてきました。
たとえ、16歳になっても、気持ちは変わらないのです。
最初は、どうしても援助交際をするのに抵抗感がらいます。
(PC ID:VZcSoK)
2017/2/19 19:39
 
▼さ
無意識のうちに仰向けになって脚を開きました。
そして、時間経過とともに、流出したものは消えていくでしょう。
私が聞くと、こっちを振り返って、お尻を向けました。
私は射精する時の顔を見せるのが嫌だったのです。
やり場の無い気持ちを癒すために16歳と会うことにしました。
それが、やばいと思うなら最初から、援助交際なんかしないほうがいいのです。
恥ずかしい言葉をわざわざ言って、煽ってくるのです。
ついつい、ハメ撮りが出来たらいいなと思ってしまうのです。
あとちょっとだけ待って、くれればイけそうなのです。
そして目が合った時に、どちらともなくシックスナインをしようと言ったのです。
私が引き抜いたら、すぐに噴き出してきたのです。
私は見ることに夢中になっているのです。
脚を大きく開いたまま、愛液を垂れ流していました。
とても数が少ないので、裏ビデオを見つけた時は、大事にとってあります。
一瞬、 動きを止めて、数秒ほど経った後に、今までにない大きな声をあげました。
今日、前から興味のあった15歳に声をかけることにしました。
私は、女子高生と援助交際の動画を見て、どれだけ興奮したか分りません。
そして、涎を垂らしたまま寝てしまいました。
だからといって、流出させても良いということにはなりません。
一晩中していたので、朝になる頃には体の動きも鈍くなっていました。
そして、覚悟を決めて、私はモロ見えにしたのです。
私が好きな体勢になってもらって、背後から抱きつきました。
私は、女子高生の援助交際の動画を見れれば、それ以上のことはしないということです。
しばらくの間、何も考えられなかったけれど、だんだん周りの様子が分かってきました。
おまんこを舐められて陶酔し、身を委ねることにしたのです。
私が気が付いた時にはもう、一時間くらいたっていたのです。
私は、裸になるつもりは、全く無かったのです。
私が、より奥までいれると手に力を込めて、それを我慢しているようでした。
また、女子高生と援助交際をしてはだめだと思っても、すでに止められなくなっていました。
それから、息絶え絶えになって、何かを呟いていたのです。
そして、無料の画像を見ることで、少し性欲が芽生えたのです。
必要以上に吸われたせいか、少し赤くなっていました。
これまでの私なら、流出させられても、平気な顔をしていたでしょう。
色々なことがあって、落ち込んだ時は援助交際をしたくなるのです。
実際、だいぶ愛撫されたので、もうイってしまっているのかもしれません。
私は、フェラチオすることを望んだのです。
しかし、それ以上の快感に満たされることは無いと思いました。
私は出会い掲示板に投稿するのは初めてだったので、何を書いたらいいか迷いました。
それに愛液も、また垂れ流していました。
スマートフォンで話しをしたことで、かえって気持ちが高まったのです。
少し話しをしてみて、この人となら援助交際をしてもいいと思ったのです。
更なる快感を得るべく再び、舐めは決めたのです。
私は大人しそうな子JKに声をかけたのです。
そのおかげで、いつもよりいくらか感じることができました。
私は、裏ビデオを見て、とても高揚した気分になりました。
だいぶ時間がかかりましたが、体への負担はそれほどでもないみたいです。
私は女子高生の援助交際の動画を見る楽しさを知ってしまったのです。
(PC ID:VZcSoK)
2017/2/19 19:38
 

Presented by Z-Z BOARD