生活応援
生活応援
愛人 契約
ある地方都市で独り暮らしをしている学生です。
実家の経済的事情もあり、奨学金とアルバイトで生活しています。
長期休暇の際には、学校の紹介で、近くの会社で就労体験も兼ねた事務員のアルバイトをしています。
Aさんは、そこで知り合った男性でした。
Aさんはもともと東京の本社にいた方で、新しいプロジェクトの立ち上げのために、この地方都市に来たそうです。
小さいお子さんが2人と、年上の奥さんがいらっしゃるそうです。
本当は単身赴任をしたくなかったけど、奥さんが地方に行くのを嫌がって、無理に単身赴任になったんだと、飲み会で寂しそうに言っていたのが印象的でした。
Aさんは忙しい人だったので、よく残業をしているようでした。
そのせいかあまりきちんとしたものを食べていないように見えたので、家が近所だということもあり、たまに夕食の差し入れをしました。
それがとても喜ばれて、何かお返しがしたいと熱心に言われました。
そう言われても、私自身、生活が楽ではないのでお金以外に興味ないし・・・と冗談めかして言ったところ、Aさんがいくらかお手当てを払って生活応援したいと言い出したんです。
驚いて、それってつまり、Aさんの愛人になってほしいということですか、と聞き返したら、そうだと言われて・・・
生活応援は確かにありがたいけど、学生のうちにそんなただれた男女関係を経験したくはなかったので、丁重にお断りしました。
まさかあんな真面目なAさんがそんなことを言い出すなんて・・・びっくりしましたけど、多分、それだけ単身赴任で寂しい思いをしていたってことでしょうね。
気の毒に思って夕食の差し入れは続けていましたが、結局そのうちAさんに襲われる形で関係を持ってしまい、それならばと割り切って援助を受けることにしました。
Aさんも若い愛人を手に入れて喜んでいるし、私も生活が安定して楽になったので、まあよかったのかな・・・
パトロン
後援者
2/14 14:43
最新投稿

Presented by Z-Z BOARD