女子高生にフェラしてもらったことが刺激になったようです。
クリを責めるくらいでは、満足しないと思っています。
もうすぐマンコが見れると思った瞬間に股間がふくらんできました。
個人撮影を始めると夢中になってしまい、他のことに気が回らなくなります。
女子高生にフェラしてもらうことで絶頂感を味あわうことができるのです。
セーラー服を脱ぐように言われて、恥ずかしさで背を向けてしまいました。
それだけで、下着の中身はムクムクと動き出しました。
今日は、ちょっとSになって、からかうって決めたのです。
今から思えば女子高生のフェラは本当に気持ちよかったのです。
喉を小さく鳴らして精液を喉に送り込みました。
少しだけ舌で転がして、口から出したのです。
熱い手が太股に触れ、あと少しでパンツが脱がされそうです。
にやっと横目で笑って、またすねているのを見ました。
ギャルだった頃の体験談を話したのです。
まわりを気にせず15歳に声をかけました。
手マンされるような関係になるなんて思ってもみませんでした。
口からこぼれないようにそっと含んだのです。
何年も前から、フェラしてもらいたいと思っていたのです。
その時の気分次第で中出ししてました。
その瞬間に口の中は、隅から隅まで性感帯になってしまったのです。
手を引っ張られベットに連れて行かれて、間を置かずにセックスされました。
喉の奥の声が、鼻から漏れました。
噂に違わぬ美少女だから振り向いてくれるはずないのです。
生挿入したくて奮闘したのです。
女子高生がフェラをしている動画を見て快楽を感じてしまったのです。
それから唾液が混ざった液が、流れ出てきたのです。
硬くなったものに唾液で、ごく薄く膜を作るようにしゃぶりました。
その素晴らしい無修正のDVDを見ることができることが重要なのです。
まだ、16歳だから、何もされないでしょう。
出会い掲示板で知り合ったなんて最低です。
舌の根も、頬の内側も触れるたびに、くすぐられて力が抜けてゆきました。
さっきまで、主導権を握っていたのに、今は懇願しかない顔で見ていました。
少し声を漏らして、それから大きく鼻から息を吐きました。
口の中から硬いものを出して、息を切らせながらお願いしたのです。
それから、太くて硬いもので塞いだのです。
最初はハメ撮りするためだけの理由で付き合っていました。
大股開きの格好をさせられて、sexされたのです。
横柄な態度でフェラさせようと頭を押さえました。
息ができないほど奥まで入れられた後、舌で愛撫を続けたのです。
詰まった声とともに、全身が一瞬硬直し、それからダラリと脱力しました。
出会いから数日しかたってないのに個人撮影をしたのです。
力尽きたものを、まだしばらく舌で優しく撫で、今度は舐めて綺麗にしてあげました。
こんなに緊張しているのに中出しするなんて驚きました。
まだ誰ともTwitterで話したことはありません。
17歳を抱き上げて、そっと降ろしたのです。
今日のはちょっと、甘かったと感じたのです。
初めて生ハメすることが出来たのです。
ハメ撮りされるのが何よりも好きなんです。
このまま援交を続けるくらいなら、きっぱり別れたほうがいいのです。
体の相性も悪くなく、若さゆえの交際を楽しんでいたのです。
簡単に感じてしまうなんて、自分はつくづく素人だと思いました。
見られられまいと、写真を手で隠したのだけど、あまり意味は無かったみたいです。
女子高生がフェラしている動画を見て興奮が治まらなくなってしまったのです。 
そういう時には思い切って口内射精してしまうのもありだと思います。
トイレの中へ連れて行かれエッチされました。
決してかわいいともいえない容姿をしていました。
しかしながら、持ち前の明るい性格でみんなに好かれていました。
それから、厳しい表情をしながらセーラー服を脱ぎ始めました。
近親相姦をしていたと分かった瞬間に体の震えが止まらなくなりました。
口でするのがうまいという話になったのです。
個人撮影さえできれば満足できるのです。
女子高生にフェラしてもらっている動画を見て満足していたのです。
勢いで制服を脱ごうとしたので、さすが止めました。
少し様子を見てから、輪姦しようと考えました。
その時は、なぜそんなことを知っているのかは、考えもしなかったのです。
後で気づいたのですが、確かに口でされるのが好きでした。
咥えて、いやらしい音をたてながら動くのを見ているのがたまらなく好きでした。
モザイク無しを見たことは今までまったくなかったのです。
口での奉仕は、上手いほうでした。
でも、全部、飲んでもらうことはなかったのです。
フェラしてもらったことで性欲を満たしました。
援交することが出来たことで有頂天になっていたのです。
それから数ヶ月がたち、そのことなど忘れて掛けていました。
夜になり、なぜだか忘れましたが送っていくことになったのです。
やっと、気負いすることなく援助交際動画をすることができるようになりました。
どれくらいの時間がたったのかは、覚えていません。
個人撮影させてくれることを有り難いと思ってます。
(PC ID:VZcSoK)
2017/9/8 13:07
 

言ったのと同時くらいにもうすでにズボンとパンツをおろしていました。
女子高生にフェラしてもらうことに魅力を感じたということです。
これからモザ無しを見ると言っておいたのです。
どうにか乱交したくて、たくさんの子に声をかけたのです。
もう、勃起状態で少し我慢汁がでていたようです。
3Pしているうちに極限の興奮状態になったのです。
あと一歩というところで、クリトリスを舐めるところまでいったのに急に冷めてしまったのです。
布団の上で、四つん這いにされて、アナルに挿入されてしまったのです。
妹が突然帰ってくるかもしれないという緊張感がありました。
だんだんと顔が股に近づいてきて、ゆっくりと口に含んだのです。
女子高生にフェラしてもらうことを楽しみにしています。
舌の動きが速く丁度いい刺激でした。
これは確かに上手いかもしれないと思いました。
丸見えにしようとすると、すぐに手を掴まれて止められました。
あんまりに激しい動きをされると、うまく騎乗位ですることが出来ません。
唾液と我慢汁が混ざり合い余計にいらしい音が響き渡ったのです。
たまに、裏筋を舌ではうように舐め、そしてバキュームのように吸い付きました。
だんだんと動きも速くなってきて、我慢が出来なくなってきました。
露出の多い服装で歩いていたため、すぐに巨乳だとわかりました。
その場の雰囲気に流されて、割れ目に挿入したことを今は後悔しています。
手足を縛ってから、思う存分に肛門を舐めたのです。
女子高生がフェラしている動画を見て思いっきり興奮したのです。
レイプされている間は、全く無抵抗の状態でした。
たまらず口の中に放出したのです。
誰もいないのを見計らってセックスを始めたのです。
放出したあとも、丹念に掃除をしてくれました。
ティッシュを出して拭こうとしたのですが、全部飲んでいました。
ベッドにもぐりこみ枕を抱えると、言うことも聞かず眠りこんでしまったのです。
まんこを見たことで、いつもよりも気分が良くなったのです。
フェラしてもらえたことで浮かれていました。
体を抑えられ無理やりパンツを脱がされました。
寂しさを紛らわしたいのか、よく訪ねて来るようになってました。
これから先、付き合っていくためには、今こそモロ見えにしなければいけません。
多感な年頃なので、とくに裸になることには敏感になっていました。
華やかさと色香があり密かに憧れを抱いていたのです。
女子高生にフェラしてもらうことは他のものとは比べものにならないほど刺激的だったのです。
オメコを舐めたい衝動におそわれたのです。
なるべく人通りが多いところに立って、援助交際をする相手を探しました。
今日も肩を露にしたタンクトップに生脚をむき出しにしたミニスカートでした。
これでは裸も同然だと心配になってしまうのです。
お尻を撫で始めてから、ずいぶんと時間がたちました。
長い髪を広げて目の前に横たわっていたのです。
この状態で落ち着いて寝られるはずがなかったのです。
流出させられたことが分かって、どう感じたか気になったのです。
布団の中は甘い香りが充満してむせ返りそうでした。
今日も眠れそうにないとため息をついたのです。
もう付き合って1年になるので、フェラしてもらっても不思議ではありません。
頭の中は真っ白でしたが、クンニされていることだけは分かりました。
一度だけ、そんな唇に無意識に触れてしまったことがありました。
このような形で、処女喪失したことを早く忘れたかったのです。
目を開けることなく、逃げるように仰け反りました。
写メしようとしたら恥ずかしそうに顔を隠してしまいました。
明らかに無修正のDVDを見ることで快楽に溺れ始めていたのです。
どうやって無料の画像を探したらいいか分からなかったのです。
目は閉じられたまま薄っすらと唇が開かれていたのです。
M字開脚して見せることを真剣に考えてくれるはずです。
もし、フェラされたら理性を失ってしまうかもしれません。
瞳から長いまつげがきらめき、まるで天使のように思えたのです。
いつかは、ハメ撮りができる時が来ると信じてました。
ローターを入れられて、全身で感じることができました。
何度も夢の中で奪った唇が目の前にあったのです。
いつの間にか自分のものを握るとしごきだしていました。
自然と自画撮りをせずにはいられなくなってきたのです。
無修正のDVDを見たくなる理由は何かと言えば、それは好奇心です。
まだ、18歳でもかまわないのです。
おもむろに下着を脱がして指マンを始めたのです。
女子高生にフェラしてもらう動画を見て、とても驚いたのです。
抜けるような白い胸元を覗きながら、甘い吐息を何度も吸い込みました。
流出されて、うろたえているところを気遣ってくれたのです。
電マをあてられて、体がどうにかなってしまいそうでした。
なるべく、ワレメを見せるのは先に延ばそうとしてました。
突然、寝返りを打つと、長い腕を首に絡めてきました。
ハメ撮りをしたことが、とても刺激になったようです。
寝顔を覗きいやらしい想像をしていました。
あまりの出来事に心臓が張り裂けそうになっていました。
やっぱり裏DVDを見るのはまだ早いかなと思いました。
女子高生にフェラしてもらうと興奮できる事がわかりました。
しかも勃起したものが、今にも爆発しそうなのです。
欲求不満だったので愛撫されたら、すぐに潮吹きしてしまったのです。
(PC ID:VZcSoK)
2017/9/8 13:06
 

次の瞬間、寝ぼけて仰け反り太ももが勃起したものの上に乗っかてきました。
体に凄まじい射精をしたい衝動が湧き上がったのです。
下着1枚隔てて、生脚が密着しているのです。
これまでに無いほど充血して、ピクピクと振るえていました。
普段は亀頭を覆っている包茎がズルリと剥けてしまったのです。
覚悟していたとはいえ顔出しすることが、こんな辛いとは思いませんでした。
辛うじて耐えたものの、少しでも動けば射精が始まってしまいそうです。
フェラされるたびに恍惚感に包まれるのです。
興奮を抑えられないとすると方法は一つしかありませんでした。
シックスナインをしたことがあるか聞くと黙ってました。
言っていることが本当なら、今までモザイク無しを見ていたということですね。
本番している間は羞恥心でいたたまれなかったのです。
気付かれないようにゆっくりと、勃起したものを太ももに押し付けました。
できる限り体を硬直させ、振るえを抑えようと務めていました。
いつ、おっぱいを見られてもいいように常に清潔にしてました。
どうやら、パイパンだったことが意外だったらしいのです。
パイズリが終わってから、脱いだ服を着たのです。
性欲が抑えられなったら、フェラしてとお願いしてます。
無修正のDVDを見ることに苦労したことはありません。
乱交したことで今まで味わった事のない快感を覚えました。
熱く震える吐息が顔に掛かってきたのです。
口内発射をはじめて経験した瞬間でした。
気が済むまで巨乳を揉み続けました。
膣を舐められ気持ちよすぎて立ち上がることが出来ませんでした。
手首を縛られたままエロいことをされました。
アダルトを見てるよりも、先輩に会える方が嬉しかったのです。
フェラしてもらうことで、とても良い気持ちになれました。
妊娠したと言われ、どんな態度をとったらいいかわかりませんでした。
黒いロングへアーと年下にしか見えない童顔をしてました。
気持ちが離れそうだと感じたので、急いで乳首を見せたのです。
たくさんの男どもの野獣のような視線を浴びていました。
バイブを使うことに興味を持ち始めていました。
どぎまぎしながら、勃起してしまった股間をどうにか隠そうとしました。
そんなことには無頓着だったから、眼中にないのかと思っていたのです。
全裸になったのを見て、表情が緩んでいくのがわかりました。
本当にモザイク無しを見ているだけで興奮して汗をかきます。
意識してしまい、ろくに口もきけないありさまで、さすがに不審がられてしまったのです。
無料の画像を見ずにはいられなかったのです。
もし、フェラしてもらえなくなったら立ち直れなくなるでしょう。
自分が貧乳だということを誰にも話すことが出来ず悩んでいました。
輪姦までされるという異常な状態が続きました。
おでこに手をあてて、顔をじっと見ていました。
かがんだ拍子に、胸の谷間が見えたのです。
おまんこを見た時のことを時間の経過とともに鮮明に思い出しました。
突然、イマラチオすることを要求され慌ててしまったのです。
この恋の終わりをかみしめていたのです。
まるで白昼夢を見ているのかと思ってしまいました。
無料の画像を見てから、どう感じたか話しました。
クリトリスを愛撫されて乱れる姿を見られてしまいました。
高一になれば、たいていのことは許されるはずです。
ズボンの上からゆっくりと上下に擦ってくれました。
深い考えも無く、青姦してしまったのです。
考えるよりも早く、ベルトをはずしジッパーをおろしていました。
むしろ口内射精折することへの拘りが強くなっているのです。
フェラしてもらうにはどうしたらいいか、あれこれ考えるのですが全くわかりません。
勃起したものを出すなんて、妄想の中でしかありえないことだったのです。
自撮りをすることで性的な興奮を覚えたのです。
頭はこの夢のような事態についていってなかったのです。
ちんぽは興奮でお腹につくくらいに反り返っていました。
早くも先走りを垂れ流していました。
ちょっと意地悪して、パイパンを触るふりをして実際にはしません。
両手で掴んで、ゆっくりと上下させ始めたのです。
高画質で見たおかげで胸の奥から性欲が湧いてきたのです。
バイブを無理やり入れようとするのです。
思うような顔射が出来ず、少し落ち込んでいます。
唇がゆっくりと開いて、かわいらしい舌が出てきたのです。
女子高生がフェラした動画を見ることに興味を持つようになりました。
(PC ID:VZcSoK)
2017/9/8 13:06
 

Presented by Z-Z BOARD