少女フェラチオ
▼い
少女にフェラチオしてもらったら一気に射精してしまいました。
誰にも知られないように援交しました。
まんこ見ることに成功したのです。
喉を小さく鳴らして喉の奥に送り込んだのです。
少女がフェラチオしている動画を見ることで性欲を満たしました。
個人撮影をしているうちに、いやらしい気持ちになったのです。
まだ小さい口に入れたのです。
少しだけ舌で転がして再び口から出しました。
にやっと横目で笑ってすねている姿を見てました。
一週間前に中出しをした覚えがありました。
少女にフェラチオしてもらったら、性欲が戻ったみたいです。
今度はひざまずいてこぼれないように飲んだのです。
暖かさが残る感触に小さく嗚咽をもらしました。
パイズリしているうちに体が火照りだしたのです。
視線だけを顔に向けて立ってました。
口の中が締まり、大きくなる先端が喉を詰まらせました。
体の隅から隅まで性感帯になってしまったのです。
10歳になったばかりです。
輪姦するつもりで、夜遅く呼び出したのです。
少女がフェラチオした動画を見て刺激を受けたのです。
それから唾液が混ざった液が流れ出てきたのです。
今はきっと、懇願した顔で見ているのです。
それから大きく鼻から息を吐いて硬くなったものを出しました。
少女にフェラチオしてもらうことが大切だったのです。
そして息を切らせながらお願いしたのです。
口を太くて硬いものが塞いだのです。
全身が一瞬硬直してから脱力したのです。
クリトリスを舐めるためには急がなければならなと思いました。
写真を撮るために、接近したのです。
気が付いたら生挿入していました。
力尽きたものを、まだしばらく舌で優しく撫でました。
無修正のDVDを見る前にシャワー浴びたかったのです。
15歳ころのは多分楽しかったんでしょうね。
最初から言うこと聞いておけばよかったのです。
体の相性も悪くなく、若さゆえの交際を楽しんでいたのです。
決してかわいいともいえない容姿をしていました。
咥えて、いやらしい音をたてながら舌を動かしてました。
マンコを見せてくれてから好意を持つようになったのです。
なぜそんなことを知っているのかは、考えもしなかったのです。
それから数ヶ月がたち、忘れて掛けていたのです。
フェラチオしてもらうことを考えていたのです。
セフレも数人いるみたいです。
ハメ撮りされることになっても、まったく構わなかったのです。
どれくらいの時間がたったのかは、覚えていません。
妊娠してしまったことを隠してました。
パイズリをしてくれないか聞いてきたのです。
フェラチオしてもらうことで、性欲が高まりました。
体を大事にしたかったので、軽々しくsexはしません。
言ったのと同時にズボンとパンツをおろしていました。
もう、勃起状態で少し我慢汁が出ていました。
ちゃんと個人撮影しているか確かめたかったのです。
突然帰ってくるかもしれないという緊張感が刺激になったのです。
はじめて、Twitterの存在の大きさに気づかされました。
これは確かに上手いかもしれないと思いました。
たまに、裏筋を舌ではうように舐めます。
今さら、パンツを脱いでも、何も変わりません。
何のためらいもなくハメ撮りしました。
だんだんと動きが速くなってきて我慢が出来なくなったのです。
下半身だけ脱がされて、中出しされたのです。
堪らず口の中に放出したのです。
放出したあとも、丹念に舐めてくれました。
どんな時でも飲み干してしまうらしいのです。
少女にフェラチオさせる動画を見て、快感を味わったのです。
全部飲んでくれたので、とても気持ちよかったのです。
ベッドにもぐりこみ枕を抱えると、すぐに眠りこんでしまったのです。
寂しさを紛らわすために度々訪れるようになっていました。
sexをしたいがために、ずいぶん年下にも声をかけたのです。
腰をくねらせながら、パンツを脱ぎました。
華やかさと色香は、同級生とは比べものにならないほど刺激的だったのです。
肩肘張らずに気軽に個人撮影しました。
今日も肩を露にしたタンクトップに生脚をむき出しにしたミニスカートをはいていました。
成り行きで輪姦してしまったのです。
長くカールした髪を広げて目の前に横たわっていました。
フェラチオしてもらって感じまくりました。
ここ数ヶ月で、数え切れないくらいほどの本数のモザイク無しを見てました。
布団の中は甘い香りが充満してむせ返りそうでした。
今日も眠れそうにないとため息をついたのです。
一度だけ唇に無意識に触れてしまったことがありました。
目を開けることなく仰け反り、薄っすらと唇を開いていました。
閉じられた瞳から長いまつげが伸びてました。
このままエッチすべきか、思いとどまるべきか悩んだのです。
何度も夢の中で奪った唇が目の前にあったのです。
少女にフェラチオしてもらうのが気分転換になります。
個人撮影をした時の場所を覚えていたのです。
甘い吐息を何度も吸い込んだのです。
抜けるような白い胸元を覗き込んでいたのです。
寝顔を覗きいやらしい想像をしていました。
(PC ID:VZcSoK)
2017/9/12 20:06
 
▼の
初めて、モザ無しを見た日からちょうど一週間がたちました。
どうやら乱交をした経験はあるようでした。
気がかわらないうちにシックスナインしました。
いずれにせよ、これから3Pするつもりでいます。
アナルを舐める前に、綺麗に洗っておいてもらいました。
このまま射精する訳にはいかないのです。
これまでに無いほど充血し、小刻みに振るえていました。
気付かれないようにゆっくりと、勃起したものを太ももに押し付けました。
ふたたび、少女にフェラチオしてもらったのです。
お願いと手合わせて頼みこむ姿見てちょっとだけなら協力する気になったのです。
自分の感情を自分で封印して近親相姦しました。
少し離れたところで、丸見えにしていました。
喜ぶならなんとかやってあげたいと考えたのです。
服を着たままするのもありかなと思ったのです。
そうっと手を出し軽く握ってみました。
巨乳を触っているうちに気持ちが高まってきました。
いきなり押したをしてバックでしようとしたのです。
少女にフェラチオさせる動画を見ることに執着してました。
くわえてるだけではなく、舌で舐めなければなりません。
頭掴み軽く動かしました。
手を離すと、むせこみながら自分で前後に動き始めました。
すぐに抜いて口に出した液を吐き出しました。
パイズリされたら、数秒もしないうちに出そうになったのです。
恥ずかしいと言って断ると嫌われてしまいます。
握りながら顔を動かしていました。
吐き出そうとしたときに口を手で押さえて飲み込んだのです。
最初から、まん子を見るつもりだったらしいのです。
人気ない公園に行きキスされたからその気になったのです。
まったりと舌を使いながらフェラチオしてくれたのです。
膀胱が膨らんでいるような我慢できない切迫感がありました。
ただ闇雲にパンツを脱せばいいわけではありません。
口を開いて足元に跪ずき、再び肉棒を咥えようとしたのです。
30分ほど前に、モロ見えにしたばかりです。
ちゃんと奉仕しないと小便をさせてもらえないのです。
性体験があるせいか、裸になるのも気にならないみたいです。
肉棒を頬張ると、生々しい感触が口内に広がりました。
気持ち悪くて、舌がつかないようにしました。
フェラチオしてもらいたい気持ちになったのです。
おぼつかない調子で舐めていると、罵声が飛んできたのです。
いきなり中出しをしてしまったのです。
少し早く、肉棒を唇に擦りつけてきました。
バイブを取り出しても気に留めなかったのです。
運が良ければ、本番しているところを拝めます。
話しをしていたら、お尻を撫でられました。
射精させたら、飲まなくてはならないのです。
これから流出させると思うと胸が高鳴りました。
いつまでたっても、終わることがなく焦燥感に襲われました。
夢中になって、フェラチオしてました。
頭を動かして、唇で擦り続けたのです。
いざ援助交際しようとホテルに入ろうとしたら、入り口で立ち止まってしまったのです。
しばらく8歳と抱き合っていたのです。
会ってからまだ数分しかたってないのに、モロ見えにされました。
この時に、意に反して処女喪失したのです。
逃れるためには、気持ち良くさせるしかなかったのです。
舌を当てて、そのまま唇と一緒に擦りつけたのです。
そう遠くないうちに、パンツを脱いでくれるでしょう。
唇をすぼめて、気持ち良くなる部分を思い出そうとしました。
何時間、無料の画像を見ても飽きることはありません。
これが無修正のDVDだということが一目で分かりました。
口内にくわえたものが動くのは不気味としか思えないのです。
無料の画像を見て興奮しました。
歯をあてないよう気をつけるのが難しかったのです。
しゃぶっていくと、固くなって先端から汁が出てきているのがわかりました。
フェラチオしている最中に噛みつかれてとても痛かったのです。
苦味のある味が広がったのです。
ハメ撮りするのは、当然だと思っていたのです。
むせそうになりながら、こぼさないように飲み込みました。
苦い味に吐き出したくなったのです。
無修正のDVDを見た時の記憶が今でも残ってます。
まだ、12歳になったばかりでした。
飲み込み終わるのと同時に引き抜かれたのです。
喉に粘っこいものが残っているような感覚がありました。
すでに流出を済ませた後でした。
フェラチオされているうちに精液が漏れてきました。
初めての割にうまいなんて、よほど淫乱なのでしょう。
見てもらうように言うと、更に恥ずかしさが増したのです。
ワレメの周辺を舐めていました。
正座に近い格好で後手に拘束されていたのです。
大きく開いた股間は隠しようがなかったのです。
嘲笑を受けながら我慢しなければなからなかったのです。
気持ち良くなってしまっていた自分が恥ずかったのです。
布団の中に隠れて裏DVDを見ていたみたいです。
陵辱が終わると再び部屋に戻されました。
少女にフェラチオされて、もう限界が近づいてきました。
何度も犯されているうちに淫乱になってしまったのです。
手足の自由を完全に奪われてしまいました。
早くハメ撮りする方法を知りたかったのです。
今は、疲労した体を休めるしかなかったのです。
もう逃げ出すことも諦めてしまっていたのです。
(PC ID:VZcSoK)
2017/9/12 20:06
 
▼こ
このままだと本当に、誓いの通りになってしまうのです。
あと、1年もしたら顔出しするでしょう。
1ヶ月の間に、こんな屈辱まで覚えさせられてしまったのです。
緊張しながら、おっぱいを見せたのです。
だいぶ乗ってきたので、顔射することができました。
しっとりとした清楚な色気を醸し出してました。
なるべく歯があたらないようにフェラチオしてもらったのです。
股を開かされてオメコを舐められました。
その場を立ち去るまで、目で犯すようにじろじろと凝視したのです。
一時も速く、丸見えして欲しかったのです。
足元にひざまずき根元まで咥えはじめました。
モザイク無しを見たい願望がありました。
両手の指先を使って愛撫したのです。
パイパンを見て性欲が強まりました。
下半身がしびれるくらい強烈な快感がありました。
咥えたまま、吸うようにして綺麗にしてくれたのです。
情けないことに感動のあまり涙ぐんでしまったのです。
少女がフェラチオする動画を見て、その快感に身を委ねました。
素直に感動を伝えると、にっこり笑ってました。
無修正のDVDを見て満足しました。
乱交するのは、とても久しぶりだったのです。
両手も唇といっしょにしごいているのが素晴らしいのです。
よだれで濡れて、きらきらと光を反射していました。
触るか触らないか、その絶妙な感じがたまらないのです。
両手の指で包み込むようにして、上下に動いていました。
注意されていたにもかかわらず巨乳を見せてしまいました。
顔射されて垂れてきた精液を舐めました。
たまに笛を吹くように、離したりつけたりするのがいいのです。
舌で転がすようにフェラチオしてくれたのです。
いたずらっぽく微笑んでズボンを脱がせたのです。
パンツを脱ぐと、興奮で勃起したものが開放されました。
膝をつき、両手を根元に添えたのです。
一瞬たりとも微動だにせず乳首を見つめていました。
年齢のわりにはセックスが上手だったのです。
恥ずかしそうに上目づかいで見ていました。
どんなに疲れていてもやる気がみなぎったのです。
モロ見えにしたら、明らかに態度が変わりました。
クンニしたがっていることは明らかでした。
皺の寄った大きな垂れ袋までもが姿を現れたのです。
ちょうど、モザイク無しを見て盛り上がっていたところです。
少女にフェラチオしてもらって性欲が絶頂を迎えたのです。
これからの事を思うと、興奮して脚が震えてしまうのです。
太さもさることながら、この長さは脅威でした。
無料の画像を見ることを意識するようになったのです。
ちゃんとやっておかないと後で大変な事になるのです。
イマラチオした時のことは部分的にしか覚えていません。
お腹につきそうなぐらい反り返っていました。
妹に、こんなことしたら怒るかもしれません。
口内射精をしようとしていることを、まだ気付いてないようです。
再び、おまんこを見せていました。
薄暗かったので、心配することなくエロいことができたのです。
握られただけにもかかわらず、あまりの気持ちよさに緊張した顔がゆるんでしまいました。
精液の臭いと汗の臭いが混ざった不快な臭いが鼻腔を刺激しました。
舌を絡ませてなめ回し始めたのです。
ここまできて、まだ決心がつかなかったのです。
舐めてしまえば後は勢いでなんとかなります。
可愛いい唇オ尖らせながらフェラチオしてくれました。
13歳になれば考えが、がらっと変わります。
なんともいえない味が舌の先端から伝わってきました。
自分からは何もしようとはせず、舌の感触を味わっているだけでした。
口で喜ばせるのは仕方がないと諦めたのです。
一回抜いてしまって、その後でうまく丸め込もうと考えたのです。
自分は動かずにすべての行為を自発的にさせようと思ってました。
頭を後ろにさげて、のどの奥まで入ったのを半分ほど引き出したのです。
ゆっくりとピストン運動を始めました。
頬を窪ませ、息苦しさから鼻の穴を大きく開いてました。
今度会う時はローターを持ってくると約束しました。
ちょうど口を開けていたので、口内射精しました。
クリを愛撫したことが刺激になったようです。
少女がフェラチオしている動画を見ているうちに放心状態になりました。
(PC ID:VZcSoK)
2017/9/12 20:05
 

Presented by Z-Z BOARD