ロリハメ撮り
▼め
ロリをハメ撮りすることができました。
せっかく無理して援交したのに顧みらることはありませんでした。
魅力に負けて、まんこを舐めてしまうかもしれません。
少なくても5人くらいの男が私の体を弄んでいました。
ロリとハメ撮りしなければ、もう満足出来なくなっていたのです。
動画を見ることで性欲を満たしました。
そして、まわりで注意しながら個人撮影しました。
気がついたら抱かれていたのです。
ロリをハメ撮りしたら、性欲が戻ったみたいです。
左右から胸をしゃぶっていました。
狭い部屋にはまだ他にも人の気配がしていました。
中出しすることが出来て、落ち着きを取り戻したのです。
男が意識を取り戻した私に気づいたのです。
早速、口に勃起したものを咥えさせました。
意識を集中させてパイズリしたのです。
状況が信じられなくて、思わずつぶやいてしまったのです。
ロリをハメ撮りしているうちに気持ちが良くなってしまったのです。
動画を見て刺激を受けたのです。
こんなことするなんて、かわいいからに決まっています。
にやにやしながら、あっさりと答えました。
8歳になったばかりです。
輪姦したら、今までに無いくらい性欲を感じました。
この映像、ばら撒かれたくなかったのです。
恥ずかしさと悔しさで涙を流しました。
誰かに見られたりしたら、もう生きていけません。
ロリとハメ撮りすることが大切だったのです。
精液をにじませながら、どんどん硬くなっていきました。
満足そうな表情で顔を見ていました。
じっくり撮影した後、わざとゆっくりと口から引き抜きました。
こんなに、クリトリスが敏感になるなんて信じられなかったのです。
前ほど、写真を撮ることに夢中になれなくなっていたのです。
生挿入してもらわないと興奮できないのです。
咥えている姿を至近距離から見ていました。
いつの日から無修正のDVDを見るようになったのです。
10歳ころのは多分楽しかったんでしょうね。
ようやく念願かなって、写メしてもらいました。
よだれで濡れて、やらしく光りながら勃起してました。
しごかれて、耐え切れずに目を閉じました。
目は閉じたままでも、口は開けておきました。
今は、マンコを舐めることができると確信しています。
理不尽な命令に逆らえないことが情けなかったのです。
顔に熱くてどろりとした精液をぶっかけられました。
ハメ撮りすることを考えていたのです。
簡単にセフレになるなんてルックスが心配だったのです。
会ってみたら想像していたよりましでした。
過去にフェラしてもらったことを忘れられません。
苦くて生臭い味に、吐き気がこみ上げてきてしまったのです。
妊娠したことをすぐにでも知らせたくて、早く家に帰りたかったのです。
やばいと思えるほど感じてしまい潮吹きしてしまいました。
ハメ撮りすることで、欲望を高めました。
sexすることを考えると興奮して落ち着かなくなりました。
体液が口の中にも飛び込んできたのです。
顎を押さえて、無理矢理に飲み込ませました。
嘘を言っているのではなく、本当に個人撮影したのです。
それによって膣からの締め付けがきつくなったのです。
Twitterの書き込みを見て混乱してしまったのです。
涙目になった顔の唇に何かが触れました。
ぬちょっと舌が入ってきて、中を舐めまわしました。
女子トイレの中に入って、パンツを脱がせました。
フェラチオしてもらうことに興味があったのです。
苦い味が広がって気持ち悪くなったのです。
まさか本当に中出しするとは、思ってもいませんでした。
ぼやけてくる意識の中で濃厚なディープキスをされました。
二人分のよだれで濡れた舌で、耳の中を舐められました。
もっとちゃんと掻き出さないと、妊娠してしまいます。
ロリをハメ撮りしたくて誘惑したのです。
奥から、液体がとろとろ出てきてました。
いやらしい音が、耳にまで聞こえてきたのです。
撮影しながら愛撫するのはなかなか難しいのです。
いったいどこで、sexしたのか聞きだそうとしました。
パンツの上から愛撫しているうちに、足が開かれていったのです。
側にいた別の男に撮影をまかせると空いた手で愛撫を始めました。
(PC ID:VZcSoK)
2017/8/25 19:15
 
▼こ
そして、個人撮影したのは初めてだったのです。
まるで手マンしてるみたいに、いやらしく撫でるのです。
正直に告白すれば、輪姦されるのは嫌いじゃないのです。
最低一回は絶頂に達した他後でないと、本当の快感は分からないのです。
ハメ撮りしてもらって感じまくりました。
モザイク無しを見て、快感に飲み込まれそうになりました。
指が確実に体から快感を引き出していきました。
感じ始めると、急に胸をまさぐられているのも、気持ちいいような気がしてくるのです。
どうせこの後、失神するまで責められるのです。
感じるポイントを同時に責められて、我慢できなくなったのです。
急につままれたため思わず悲鳴をあげてしまったのです。
普通に考えたら、エッチしたことを忘れられはずありません。
体がはねてしまって、恥ずかしさであっという間に顔を赤らめました。
ロリがハメ撮りされたものは星の数ほど存在します。
だからといって、個人撮影するわけではないのです。
膣が未練たらしく、再び締め付けてきました。
ねっとりとした汁のついた指をしゃぶらされました。
さっきの男とはまるで違う気持ち良さを感じたのです。
いつしかモザ無しを見るのが本当に好きになってました。
マスクで顔を隠して、多数の男女が乱交していました。
あの時、無理矢理にでもシックスナインしておけば良かったのです。
3Pを始めようとしたら、足をばたつかせて抵抗しました。
関係を持ってから、数日しかたってないのにアナルを見せてくれたのです。
快感が拡がってきて、だんだんあえぎ声を我慢できなくなっていきました。
気持ちよさに負けてそんなことを言ってしまうようになったのです。
何をされても、まるで気にならなくなっていました。
ふたたび、ロリをハメ撮りしたのです。
向こうから告白してきて、遊びに行くと迷惑そうな顔をしました。
近親相姦していたことを、誰にも知られたくなかったのです。
こんなところで丸見えにすることにためらいを感じます。
半分押しかけみたいな感じになってしまいました。
若かったので誘惑に負けて、なし崩し的に付き合うことになったのです。
正直、そこまで好きではなかったのです。
巨乳を吸っていると快感が全身に広がっていくのです。
バックの姿勢で抱いたら、きっと発情するはずです。
ロリとハメ撮りしたら、気持ちがはちきれそうになりました。
動画を見ることに執着してました。
付き合って1年ぐらいしてから、夏休みになって泊まりきたのです。
1ヶ月ぐらい半同棲みたいな感じになっていました。
その時に、肛門を見つめているのに気が付いたのです。
ある日、遅くまで帰らないことがありました。
どういうやり方で、本番するのか知りたくなりました。
胸はそんなに大きくなく、Eカップと言っていました。
細い子より豊満な子が当時から好きでした。
正直押しに負けて当時は付き合っていたのです。
性欲が萎えないように、まんこを舐め続けました。
悪戯心が芽生え内心悪いとは思いつつ下着を脱がしたのです。
ハメ撮りすることで、初めて感じることができました。
ベッドの下にまさかないだろうと思いながら手を入れました。
パンツを脱いだことで再び欲情したました。
何かと思いつつ引っ張り出してみました。
モロ見えにしたことを思い出しては、頬が緩みました。
引き出しの底のほうにあまり見かけないものがありました。
今すぐに裸にすることは無理そうです。
今、帰ってきたらまずいので、ドアをちょっと開けて注意してました。
なんか嫌な予感しかしなかったのです。
ハメ撮りしたい気持ちになったのです。
徐々に足下から上半身へと手が伸びました。
これから、中出しされると思ったら股間に疼きを感じたのです。
実際に使ってるのを見たことはなかったのです。
いよいよバイブを挿入するために四つん這いにさせたのです。
指で大きく開かせて、おしっこを始めたのです。
まだ、お尻を撫でられてもいないのに感じてしまったのです。
自分で手探りしてそれを感じる部分にあてました。
後ちょっとのところで流出させることが出来そうです。
目隠しされてるので撮られてるのがわからないのです。
夢中になって、ハメ撮りしてました。
咥えるときも舌を絶え間なく動かしてすごい気持ちよさそうでした。
もちろん約束どおり援助交際してくれる保証などありません。
しばらく12歳と抱き合っていたのです。
もし、モロ見えにしなければ、こんな状況にならなかったのです。
すでに処女喪失していたので、遠慮なく抱くことができました。
M字開脚させて、より奥までいれようとしました。
時々感じるツボにはいるみたいで、そのたびに喘いでいました。
パンツを撫でているうちに濡れていくのがわかったのです。
何か意味のわからないことを言いながら顔を前後に動かしてました。
そのうち、無料の画像を見ただけでも感じられるようになりました。
無修正のDVDを見ていたら気持ち良くなってきて、うっとりとしてしまいました。
それに合わせて腰を動かしているのです。
そして、無料の画像を見て良い気持ちになってしまいました。
途中で止めて、また吸引を繰り返す感じでした。
出してる最中に気持ちいいのか腰を引いていました。
無言のままハメ撮りを続けていました。
それをこぼさないようにしながらまた上手く咥えるのです。
フェラされるとくすぐったくて笑いが止まりません。
しばらくすると喉が動いて飲んだように見えました。
何か音がして挿入されたのがわかりました。
無修正のDVDを見て、性欲を紛れさせたのです。
まだ、13歳になったばかりでした。
誰かはわからなかったけど、とりあえずまた見たいと思いました。
なんか今までにない興奮でした。
流出したことを知られて必死になって言い訳しました。
ハメ撮りされていると分かって、少し漏れてきました。
(PC ID:VZcSoK)
2017/8/25 19:15
 
▼あ
帰ってきてから、すぐにシャワーを浴びました。
そんなに問い詰める気もなかったのです。
やりたい盛りだったのでワレメを舐めることばかり考えてました。
その時は興奮はしたけど気持ちが冷めてしまったのです。
それからしばらくして別れました。
可愛い顔して平気でさらっと嘘つけるのです。
妹とよくお風呂に入ってたのです。
裏DVDを見ているうちに性欲が込みあげてきたのです。
関係を持ってもう3年になります。
ロリとハメ撮りが出来る機会がありました。
ある日、あれに興味をもったらしく触ってきたのです。
純粋に自分にないものがあるので、なんだろうと思っていました。
まだ、フェラチオすることに抵抗がありました。
触らせたままにしていたら、大きくなってしまったのです。
それが面白かったらしく、そういった行為がほぼ毎日続きました。
触って大きくなると飽きてそこで終わりになってしまうのです。
たまたま、顔出しをする機会がありました。
そうしたことが1年くらい続きました。
おっぱいを触られて、まったく抵抗できませんでした。
誰にレイプされてもおかしくない状況でした。
それからは何事もなく数年が過ぎました。
ハメ撮りしている時に痛みを感じることがあります。
オメコを見たら、興奮して眠れなくなります。
こんな内容のことを延々と話していました。
いけないことをしていると考えながら丸見えにさせたのです。
恋人だったらキスをするのは当然です。
モザイク無しを見ていたと思われても仕方ないのです。
正直かなり焦りましたが、そこは適当にあしらっておきました。
パイパンの見るため、手を払いのけました。
そこでのキスは深い意味はなかったのです。
ただの冗談で触ったのですが、始めて感じたのです。
我慢できず抱きしめて舌をいれました。
ロリをハメ撮りすることに快感を覚えてしまったのです。
動画を見て、その快感に身を委ねました。
そこから何かが決定的に変わった気がします。
そして、一週間もすると無修正のDVDを見るのも慣れました。
そして、乱交していたら興奮のあまり倒れこんでしまったのです。
とにかく見ているのが楽しかったようです。
それが1ヶ月くらい続いていました。
やっぱりそういうのって興奮します。
正直どういうつもりなのかはわかりませんでした。
巨乳を揉まれることは、もはや当然の運命でした。
その日の別れ際に顔射しようとしてきたのです。
境界線を越えるのに戸惑いを感じていたのです。
着衣のままハメ撮りすることになりました。
その行為が一線を越えてしまうと分かっていたのです。
そんな言葉を聞き興奮していたのは事実です。
剥き出しのクリを慌てて手で隠しました。
できれば、このまま乳首を吸っていたかったのです。
相手は誰でもかまわないから、セックスしたかったのです。
望んでいることをしてもいいのか葛藤がありました。
確かこんなやりとりだったと思います。
これ以上、モロ見えにするのを続けるのは限界だと思ったのです。
クンニしたことで性欲が込み上げてきました。
かすかに残った理性が切れました。
その時は軽い気持ちで、モザイク無しを見てしまったのです。
ロリとハメ撮りすることで、性欲が蘇りました。
そういう行動にでるとは思わなかったのです。
たぶんこの時ほど興奮したことはなかったと思います。
もちろん、手っ取り早く無料の画像を見る方法を考えました。
いけないことをしているという背徳感でいっぱいでした。
一刻も早く輪姦されることから解放されたかったのです。
そういいながらも声はうわずってました。
ただ顔を赤くしてうつむいているだけでした。
この性欲を抑えることが出来ず口内射精しました。
おまんこを見て快感が再び昂まってくるのを感じました。
本当に嬉しそうにエロいことしていました。
時間がすごく長く感じました。
胸を両手で背後から触っていました。
かすかに呼吸があらくなってきました。
外からは普段どおりに人の声が聞こえてました。
時折声がわずかに漏れました。
ハメ撮りするこを納得させるのに少し時間がかかりました。
15歳になれば考えが、がらっと変わります。
最初はただ揉んでいるだけでした。
美少女が望む事ならなんでも言う事を聞くつもりでした。
服の上からかすかに強弱をつけて触ってました。
もっとしたいと強烈に思い始めてました。
この瞬間になぜか冷静になりその場でやめたのです。
全裸を見る無遠慮な視線が嫌でたまらなかったのです。
やはり理性が飛んだとはいえ自分の立場を思い出したのです。
強く触らせろと迫ったのは意外だったそうです。
ローターを使っていた頃が懐かしく感じられます。
この時点では、まだ青姦する気配はなかったのです。
足を大きく開いて、クリトリスを見せました。
お互いになんでもよかったんだと思います。
動画を見て新鮮さを感じることが出来ました。
ロリとハメ撮りすることで気持ち良さを感じるようになりました。
(PC ID:VZcSoK)
2017/8/25 19:15
 

Presented by Z-Z BOARD