新型コロナウイルス予防対策


 コロナ予防対策の特設ページです。感染症は世界中の人々がしっかり対策をすれば確実に蔓延を食い止める事ができます。

 以下に対策を記載します。筆者は何年も風邪やインフルエンザにかかっていません。


食事は細心の注意を。外食(イートイン)はしない。自炊しない場合は持ち帰りや出前を。電子レンジはウイルスを不活性化させるので加熱。加熱できない生野菜などは水洗い推薦。食事前に手洗い。

購入した食材や食品は軽く洗い流すか除菌してから冷蔵庫に入れる。

唾液を頻繁に飲み込む癖を付ける。喉を潤し、ウイルスを胃酸で不活性化。

こまめに水分補給。空気の悪い場所では15分毎に少量摂取。一日水1.5Lを目安。

頻繁に手を洗う。(女性は化粧を控えて)顔や目を定期的に洗う。うがいをする場合は最後に。

手や顔を拭くタオルは何度も使い回さない。他人と共有しない。ティッシュで拭くのが手軽かつ衛生的。

不特定多数の人が触る物はなるべく触らない。顔を触らない。目を擦らない。

帰宅したらすぐにシャワー。無理なら服を脱いでから洗顔。目も洗う。髪はドライヤーをかける。最後に部屋着を着る。

衣服やマスク、肌、髪などに付着したウイルスを吸い込まないように意識する事を心掛ける。

換気の悪い場所を避ける。人の出入りが多い部屋は窓や扉を開けて通気をよくする。人と会うのはなるべく屋外で。1m以内で会話しない。

危険な場所では鼻にティッシュを詰めてマスクをする。花粉対策眼鏡をかける。鼻でゆっくり息をして(特に喋る時に)口から息を吸わない。

病院、交通機関、飲食店、美容室、マッサージ店、娯楽施設など必要以上に行く事は避ける。

車の同乗は極力避ける。止むを得ない場合はエアコンを外気にして窓を開ける。

マスクが不足している場合は10日間隔で使い回す。ウイルスは最長でも9日あれば死滅。裏表も把握しておく事。ゴム紐の接着側が外側。

十分な食事と睡眠を取り、ストレスの少ない生活を心掛けて健康体を維持して免疫力を高める。

お酒は免疫力を下げるので控える。血中アルコールが無くなっても数時間〜数日は免疫力が低下。感染時の重篤化の要因にも。

栄養が偏ってる場合はサプリを摂る。ビタミンABCDEは免疫力を高める。

熱や咳を伴わなくても嗅覚や味覚を感じなくなったら感染した可能性があるので人との接触は避ける。そういった症状のある人とは接触しない。

感染の疑いが強い場合、2週間(最大潜伏期間)は人との接触を避けて様子見。感染時は発症から3週間は隔離と治療に専念する。

帰省しない、させない。離れた家族に会いに行かない。自分は大丈夫と思わない。

身近な人が感染すると感染リスクが高まるので、家族や友人にもしっかりと予防対策を行ってもらう。

大切な人を守りたいと想う気持ちが何よりの予防です。

 令和2年3月26日

Z-Z BOARD