1 かずよし

男のどこに性的魅力を感じますか

私は大きなお尻と大きな手の温もりが好きです。
チビなので大きいのが好きなのかな、あと声ですね。
彼の声はコントラバスで低いけれど子宮に響くって感じ、会話してて声にうっとりしてお前聞いてるのかと怒られたりしています。
勿論大きなチンポには胸キュンですが固くなる前の少しフニャが好き、それがムクムクって勃ってくるのに興奮します。
この大きなチンポを入れられると思うと身体が熱くなってきて私の小ぶりチンポを固くさせてしまいます。
お風呂で背中を流してあげていると広くて厚い背中からでんと張ったお尻まで丁寧に擦ってあげます。
彼を満足させた後大きくて厚い手に私の小さな手を埋もれさせて眠ります、安心感があってぐっすり眠ってしまいます。
あと彼が出す時には両手に手を重ねてもらって彼の手を握り締め抱き抱えて受けるので彼が私の手を探って来ると出されるのだとギアを上げてしまいます。
彼のいろんなところが好きだけど一番はやっぱり大きくて厚い手、手でいちゃいちゃが一番好き、ちょっと機嫌を悪くしても手が伸びてきて手に手を包まれるとニッコリしてしまいます。
5 ジン
手の甲に血管が浮き出ていている熟年の方です。
6 爺ちゃん子
手って年齢がでますね、深い皺とか浮き出た血管とか白髪とか、その人の人生が刻み込まれています。
大好きだった祖父の面影を思い出します。
お爺ちゃんが好きでお爺ちゃんに女にしてもらいました。
ずっとお爺ちゃんです。
私も40代、彼は62、彼に出会ってお爺ちゃんに甘えてばかりいた人生が変わりました。
お爺ちゃんはセックスだけでなく普段の生活のなかでも私に女を求めてきます。
女らしくしなさいと叱られることも度々で化粧をし始めた私を目を細めて優しく見てくれています。
つき合い始めて3年、ひとつ屋根の下で暮らすようになって2年目、お爺ちゃんの手の甲の深い皺も浮き出た血管もお爺ちゃんそのものです。
お爺ちゃんが好きなのですからお爺ちゃんらしいのは全然OKです。
先日、陰毛に白髪を発見して胸キュンでした。
7 まか
熟年男性の血管が浮き出た手の甲を見ると、その手でチンポをしごかれたいと想像してしまい、エッチな気分になります。
8 夢幻
このサイトの投稿画像で男の膨らみというのがあります。
男との性を知ってしまった身体は画像の薄い生地に浮き出た膨らみの雄々しさに胸をときめかせてしまいます。
ズバリそれですね、男の愛の始まりは抱き合ってから。
初対面で相手の人と為りを充分に確かめる間も無く体の相性を確かめ合ってしまう。
幸運に恵まれれば相方として認め合えることもあるのでしょうが大概は一過の性欲発散に終わる。
自分をさておいて、オヤジの膨らみ画像に、薄地に浮き出るものに妄想を重ねてしまうことに虚しさを感じます。
心を通い合わせて体でそれを確かめ合える、そんなユートピアに行きたいものです。
9 シャルウイダンス
いきなりチンポ剥き出しにして男の魅力感じますかぁは無いでしょう、警察を呼びますよ。
私は手だなぁ、オヤジとジイチャンの境目が好きだから、外見ジイチャンで中味はスケベオヤジが理想、ジイチャン風に風月と年輪を感じさせる無骨な手と指がいいな。
チビのヤセッポチ、ひ弱な色白で髭も産毛みたい、そんな私に大きなゴツゴツした手が似合うと思う。
手を取られて弄ばれて黙って抱き寄せられたら、そんな妄想が独り住いの小さな部屋に満ちています。
でも最後は淫水焼けした巨大なチンポに狂わされるのでしょうね、王様と私、この部屋のこのベッドではシャルウイダンスは狭すぎて無理ですね。
10 鶴亀
男と男でも互いを必要とすることでは男と女と変わりないと思うようになりました。
若い頃は性の衝動に突き動かされていたけれど60代半ばになり落ち着いたのか安住したのかわからないが変わったと思います。
今の相方は60を越えたばかり、相性なのかウマなのかわからないが一緒にいて居心地の良い相手、余計な気遣いはしなくても良い、しても自然にできる自然に受けてくれる。
同居したから寝室はひとつ。
性的魅力はと問われて反省を込めて考えました。
性行為は射精には至らぬが挿入程度は多い、射精は寝室でがほとんどだがたまにある程度、射精してしまうと興が乗らなくなるし暫くは快感も薄れてしまう、だから我慢する、気持ち良さを味わい相方をいかせて満足する。
相方の男というより俺の男(オンナ)的な刺激を感じるのは閨の所作よりも普段の後姿ですね、悪戯半分に手をだしてそのまま引き剝いて挿入してしまうことも多々ある。
ピチピチのジーンズとかタイツのようなパンツ、お尻が丸いからつい悪戯の手が伸びる。
余韻と火照りを残して肌を摺り寄せて眠るのも良いが昼日中の悪戯が行き過ぎた後の普段に戻ってからの間合いも心地よい、少し卑猥な空気感もありましてね。
そういう日の夜は射精まで至る行為になることが多い。
やはり出してしまわねば治まりがつかないという感じ。
相方が私のどこに性的な刺激をうけているのかは聞かないでいるのでわかりません、でも悪戯を受けて怒らないし直ぐその気になってくれるからそこなのかなぁ。
以前、相方ではなかったけれどかなりのめり込んだ男ができて女装される方でしたが「女装者は鏡の中の自分を見て火をつけてしまうの、ウケはタチの性欲の炎に燃えてしまうの」と言ってました。
11 加齢臭好き
昨日お昼を食べながらテレビを見てました。
中居正広さんの番組、そこで体臭を内科医が説明してその中にDNAで体臭の相性があると断言してました。
そうなんだと彼の体に鼻をつけて嗅ぎました、決論は私は何か安心してしまうで彼は良い匂いでほっとするでした。
ほんとに相性ってあるんだ。
多分私は加齢臭フェチなんだよって憎まれ口をたたきましたが内心は嬉しかった、ご褒美にお凸にキスしてあげましたがちょっと脂っぽかった。
12 好美
あたしは65で、もう、100人位の殿方にお尻を犯された女。で、こないだ、サウナで短髪の70いくかいかない殿方に真面目な感じで、「俺の好きなタイプなんだよな、君。」君、なんて言われたの初めて。「俺と付き合ってくれないかな。」その実直な態度と短髪の精悍な顔立ちがもうタイプ。100%OKな状況なんだけど、真面目にこられたのでこちらも軽い奴と思われてもいけないと思い、どうしようかと悩んだ挙句、『友達からでもいいですか?』と、答えてしまったの。それ以来、連絡取れないけど、私ってバカよね。超、男性の魅力を感じたのに。。。。
13 お気の毒
そういう誘い方ってあるんだ。
手慣れているというより常習者って感じがするけど。
俺と付き合ってくれないかなの後に(今夜のお相手に)って言葉が隠れていそう。
好美さんそれでよかったのじゃないかしら。
お友達からでプッツンされて傷ついたと思いますがもっと大きな傷を負うよりも、チクショーって小梅太夫になって忘れなさい。