名言コレクション
▼master
現状を嘆く暇があったら、知恵を絞ることです。

知恵を絞り、アイデアを出したら、行動することです。

国をはじめ、誰かに施してもらうことを待つのは、商売人ではありません。

商売人は誰にも頼らず、己の知恵と努力で、難局を乗り越えていくものです。

それが商売人としての矜持(きょうじ)であると私は思います。
(PC)
2020/4/9(木)22:58
▼master
自分を変えることはできます。

自分の中の何を変えればいいのか?

それは性格ではなく、行動です。

行動を変えれば、性格は変わっていきます。

多くの人は性格を変えてから行動を変えようと思っています。

だからいつまで経っても行動を変えることができないのです。

変えるべきはあなたの行動であり性格ではないのです。
(PC)
2020/3/25(水)13:41
▼master
「なんで,雨なんだ!」と空に向かって文句を言っても,天気は晴れになりません。

雨という天気を受け入れ,雨の日でなければできないことをすることです。

雨の日でも,知恵を出し行動していけば,気がつくと晴天になっているものです。
(PC)
2020/3/23(月)21:36
▼master
学ぶことは,情報提供を受けることではありません。

学ぶことは,いまの自分を知ることです。

何がわかっているのか,何がわかっていないのか。

何ができるのか,何ができないのか。

いまの自分を知ることは,すなわちそれは自分の現在地を知ることです。

私はいまどこにいるのか?

それを知らずして,これからの進むべき道など見えてきません。
(PC)
2020/3/19(木)15:21
▼master
他人と関わっていくために、必要不可欠なことは何か?

それは「好かれる」ということです。

人から好かれない人は、経営をしてもうまくいかないと思っています。

さらに言えば、それは人望です。

自然と周りに人が集まってくれるような人柄が経営者には必要なのです。

人としての魅力があって、初めて知識や技術を活かすことができます。
(PC)
2020/3/6(金)0:25
▼master
自分の会社の景気は自分で作る。

有事こそ、社長の真価が試される。
(PC)
2020/3/5(木)23:47
▼master
文筆家の東田直樹さんが前にNHKで
「命は(次の世代に)繋げるものではなくて、自分自身が精一杯人生を輝かせて生き切るという、一人で完結するものだ。残された人は、その姿を見て自分の人生を生き続ける」
というようなことを言っていた
(PC)
2019/12/4(水)20:47
▼master
本業以外に力を取られていては,本業のアイデアなど出るわけがありません。

なぜなら,人も会社も,持っている力は100であり,それが120,150と増えるわけではないからです。
(PC)
2019/11/30(土)2:11
▼master
顧客の役に立つことを行う。

世のため人のためになることを行う。

そして,お代はきちんといただく。

買い手も売り手も世間もみんなよくなることを行う。

これが商いです。


商いは,社会貢献活動そのものです。

顧客や広く世の中に貢献し,お代を頂戴し,そのお代を取引先や社員に渡し,お金をグルグル回していく。

こうして,世の中に貢献をしていくこと,それが商いです。
(PC)
2019/11/30(土)2:08
▼master
未来は予知できませんから,誰もがまだ見えない未来に対して不安を抱きます。
問題はここからで,ただ不安を抱き,ああ〜大変だあ,困ったあ〜で終わるか,その不安感をエネルギーに変えて,新しいことを生み出せるか?

不安をエネルギーに変換できるか?が,私は鍵だと思っています。

しかし,経営者,特に後継者は,不安ばかりを募らせて新しいことを生みだし変化していくことができていません。

危機感→不安感→落ち込む・心配する→やる気がなくなる

ではなく,

危機感→不安感→そうならないためのアイデアを出しまくる→すぐに行動に移す
(PC)
2019/11/3(日)23:00
最新投稿古い投稿

9450アクセス
Presented by Z-Z BOARD