Ψ 言霊の宿木 Ψ

ほら、貴方の声で新たな実を付けるよ。
[世界塔][圏外]
涛本丸
20170119
認めなかった意識たちも
今は認めずにはいられない
感じているから
生命の宇宙が渦巻く疼く変わり動く
法理に哲理につながる
仏法というものの確かな存在を

時代が変わってからなんて遅い
誰もがその考えならば
変わる前に全部終わってしまうから

遠い日には否定した者たちも
推移を見つめないわけにはいかない
その前例がたどり着かない事は
その者たちの未来も途切れて尽きるという事だから

命の奥の今迄の常識を壊して
命の奥で訴えかける自分を信じて
1/19 3:23
涛本丸
20170118
永劫(とき)を流れて
幾つもの心田に下種は済ませて
拒絶の意思はそのままに
受け取らぬ帰る言葉もそのまま

夜明けまえの月天をいつも仰いで
やがて昇る太陽を背に感じて

雄大な連なる山々の姿に畏敬の念を抱き

現世人界のストーリーの最中にきょうも生きて
全うする使命の時間をただ黙々と
1/18 7:37
涛本丸
20170117A
その島の目には映らない場所が
宇宙の大地が悲鳴を上げた亀裂の走った
大気の時間も震えた割れた
世界から縛り付けられた
生命の方々の苦痛のやわらげるような
一念の解放の祈念(いのり)をきょうの日に唱え追善します。
1/17 8:59
涛本丸
20170117
あの日以来
救うことを使命と課せられたモノは
言葉もとどかず声さえも不通な魂の心象の叫び

それでも星の宇宙に瞬かない夜道も
歩み抜いた今世(とき)に

報われるのか報われないのか
正解(こたえ)は茨の中か海の底か

この世界もあの次元もその善悪の包み込む因果律の帳も
すべてを超える理法を駆使して根源の命に立ち帰り役目は終わる迄繰り返す
1/17 7:08
涛本丸
20170115
煌びやかな色彩で
塗り絵の様に
心のキャンバスを自由に描く

遠い昔の逃れられない
巨大な時の引力から呑み込まれた
果ての出口に立ち
何を思う

慣れられない未経験の現実の連鎖
越え続けた確信が今に踏み出す
熱意にも変わる

想い描いた一念の色彩で自由に描く

静かな夜にぱっと明るくなるような
光を描く
1/15 0:16
涛本丸
20170113
打ち鳴らされた鐘の響きが
未来型のほんとうの僕たちを呼び覚ます

まばゆい閃光が合図を送る様に
いのちの宇宙に走る

心の叫びは尽き果てて
想いが連なり重なって

気付いてはいない奇跡の発動を
幾度も生み出したその魂の信念で

たどり着くべき未来に触れるんだ
開花する生命の自身の詩を詠うんだ
いつか

終わらない理想(ゆめ)の実現の光景が
その生命の宇宙に広がる
1/13 0:25
最新投稿古い投稿

394223アクセス
Presented by Z-Z BOARD