網上会話的山田章博
▼砥部粧
初音むつなさん、4度いらっしゃいませ。
「火狩りの王」チラシ情報、有難うございます。表紙ラフ画!ほるぷ出版さん、力入ってる感第2弾ですね。雨ふる本屋シリーズ累計24万部の日向先生のネームバリューの前には、山田ファンの数は焼け石に水というか、屁のツッパリ程度の助けにしかならない気もしますが、シリーズは4冊なので割っちゃうと1冊当たり6万部だから、…とか、まあ、本編の内容も当然違うわけですから、それが吉と出て大ヒット児童書になることをお祈りします。

「宮部みゆき全一冊」確認ありがとうございました!あれから砥部も地元の商業施設に入ってる書店を2件ほど回ってみたんですが、見当たりませんでした。発売から1週間、ジュンクさんで1冊になってたくらいですから、ファンの方に買われてなくなってる感じなんでしょうね。山田関連皆無でしたかあ。ドリームバスター、終わってはないでしょうに。宮部先生的には、触れてほしくない、もしくは忘れたい?シリーズってことですかねえ。その道の巨匠にありがちな、「大風呂敷広げ過ぎて収拾がつきませんよ」ですかね?小野不由美先生も頑張っておられるので、宮部先生にも頑張ってもらいたいですけどね、ファンの熱さの違いかも。

「ギア−GEAR−」情報、有難うございます。ついに始まったんですねえ。品数は限られますけど、これで少なくとも京都に行けなくてもグッズが入手できる道が開けたということで、おめでたいですね。まあ、折角スタートしてもらいながら、あれなんですが、パンフレットはラインナップから外して欲しくなかったかなあ。コスパもいいし、魅力も伝わるのでいいような気がするんですが、劇場に来ないと買えないレア感を保ちたいってのも一方にあるのかもしれません。

砥部こめ。
先に初音さんからもご指摘ありました、この「山田章博作品目録」の本体サイトが乗っかってるジオシティーズが来年3月末でなくなっちゃうということで、11月23日からの3連休に移転を考えてたんですが、24日土曜が砥部的にお休みじゃなくなっちゃった上に、22日夜には翌日に響くであろうイベントが入る予定もあり、そおすると、次のタイミングは天皇誕生日か年末年始あたりまでお預けになってしまうため、急遽、本日やってしまうことにしました。一発でちゃんと移行できるとは思えないので、今後当分はご不便をおかけすることになるやもしれず、前以てお詫び申し上げます。
2018/11/3 9:43
▼初音むつな
11月1日付で「ギア−GEAR−公式オンラインストア」がオープンしたようです。山田絵グッズとしては、缶バッジ(5種)、ポストカード(6種)、クリアファイル(1種)と、劇場オリジナルポストカード付「GEAR Another Day 五色の輪舞」(と、リボンヘアゴム)が、通販で購入できるようになっています(^^)/
2018/11/1 23:43
▼初音むつな
「宮部みゆき全一冊」、一応大きめの書店で中身を確認できたので、ざっとチェックしてきました。見落としているかもしれませんが、「ドリームバスター」関連は、これまでの作品群についてのインタビューのうち「ブレイブ・ストーリー」のところで、同ジャンルの作品群のひとつとしてタイトルが上がっていたぐらいでした。同じジャンルでの新作を構想中とのことでしたので、残念ながら宮部さんの中では「終わった作品」枠に入っているんじゃないかと思われます。母体誌がなくなってからずいぶん経ちますし、まあ致し方ないところかと(^^;;)
2018/10/29 22:48
 
▼初音むつな
「宮部みゆき全一冊」、そうかもう出てるんですね。刊行情報は知ってたんですが、発売日を知りませんでした。近いうちに確認してきます(^^;)
2018/10/29 1:26
 
▼初音むつな
10月27日(土)〜28日(日)の2日間、毎年恒例の「神保町ブックフェスティバル」が開催されていたのですが、どうやらそこで「火狩りの王」のチラシが配布されていた模様。1巻の表紙ラフ付だったようです。毎年行ってるのに今年は辿りつけなかったので入手できていませんが、twitterで画像を見ることができます(^^;)
2018/10/29 1:21
▼砥部粧
初音むつなさん、5度いらっしゃいませ。
「命がけの青春 新選組」発売日迷走情報、有難うございます。多分、ですけど、東京など、一部の地域では30日金曜に店頭に並ぶんじゃないですかね。けども、他地域、並びに通販サイトは、土日を挟んじゃうので週明けの12月3日月曜で、表記しておけば細かいお客からのクレームも避けられるという判断かと。アマゾンや楽天は30日表記ですが、3日表記と同様の意図から発売日以降のお届けと明記してる、と。講談社BOOK倶楽部の表記は、最初の仮決定のまま、変更があってもフォローしきれていないというところかと。

「火狩りの王<一>春の火」、情報が細かい!それだけ、ほるぷ出版さんにとっては熱くなれる商品なんでしょうね。部外者にはわからない、発行部数とか、色々とほるぷ出版さんの中で盛り上がってるんだと思います。

「ボンズ20周年記念展 in DNPプラザ」レポ、お疲れさまでした。な〜んにも無しでしたか、それは残念。newtype表紙の別バージョンテレカとか、少し期待してたんですけどねえ…。


砥部こめ。
22日に「宮部みゆき全一冊」(税込2738円)が新潮社から発売しましたねえ。昨日、たまたまジュンク堂さんに行ったので探してみたんですが、新刊コーナーにはなく、ミステリー棚の作家別五十音順の宮部みゆき先生のところに、ポツンと1冊、面陳列でもなく。しかも、立ち読みお断りのシュリンク加工!内容確認には至りませんでした。作品概要やら帯を見る限りでは、山田関連は無さそおですけど…。あとは、初音さん、よろしくぅ〜。
2018/10/27 11:38
▼初音むつな
「ボンズ20周年記念展 in DNP」、あんまり引っ張っても仕方がないので、仕事帰りに行ってきました。「ラーゼフォン」のコーナーには本編の作画修正がパネル展示されているばかり。「ウルフズレイン」の方も、キャラクターデザイナーの川元さんの原画こそ飾られていましたが、「月の書」の姿はありませんでした。一応、会場内では、原画ではないですが「多元変奏曲」のキービジュアルを見ることができたり、ウルフズレインの「月の書」装幀のDVD-BOXが展示されていたりはしましたが、残念ながら山田ネタはほぼなかったと言ってもよろしいかと(^^;)また記念展で先行発売されている書籍「ボンズクロニクル 1998-2018」にも、特にめぼしい山田センセ関連情報はありませんでした。まあゲスト的な立ち位置なわけですので、あんまり取り上げられていなくても仕方ないですかね。とりあえずは、大画面で「ラーゼフォン」や「ウルフズレイン」のOPが流れているのを鑑賞できて、懐かしかったです(^^;;)
2018/10/27 0:49
 
▼初音むつな
あ、あと「命がけの青春 新選組」ですが、講談社BOOK倶楽部やAmazonでも発売予定日が11月30日と微妙に後ズレしました。遅れるのはいいんですが、予定日がe-honなどの情報と一致しているわけでもないのが困りものですねえ・・・まあ11月下旬から12月上旬には出るんだなと思って構えておけばいいっちゃあいいんですが(^^;)
2018/10/26 2:57
▼初音むつな
10月26日から開催予定の「ボンズ20周年記念展 in DNPプラザ」ですが、一足早くコミックナタリーさんで会場の様子が紹介されていました。写真を見る限りではラーゼフォン、ウルフズレインともに山田センセ関連の展示はなさそうな気配がしますが、念のために早めに足を運んどこうかと(^^;)
2018/10/26 2:48
▼初音むつな
一方「火狩りの王」の方は、ほるぷ出版の担当編集氏のアカウントがtwitterに登場。本文入稿間近とのことです。児童向け読み物に果たしてこんなライヴ感が必要なのかはよくわかりませんが、無理しすぎない程度にがんばっていただきたいものです(^^;;)

あ、別のほるぷ出版さんのtweetでは、例の「プルーフ」は計300部作成されたそうです。結構気合いが入ってるんですねえ(^^;)
2018/10/23 22:38
▼初音むつな
「命がけの青春 新選組」、トーハン系のe-honやセブンイレブン系のオムニ7では、発売日が12月3日になってますね。講談社BOOK倶楽部では11月28日のままなんですが、この微妙な日付の差は一体(^^;)
2018/10/23 22:28
▼砥部粧
初音むつなさん、5度いらっしゃいませ。
新選組追加情報有難うございます。火の鳥伝記文庫久々の新刊ってことで、力が入ってますねえ。1冊買ったらもお1冊ってのも思い切ってます。
火狩りの王追加情報有難うございます。サブタイトルも決まり、発売に向けて着々と進んでますね。頑張って予定通りに出してもらいたいです。
2018/10/21 16:40
▼初音むつな
あ、「火狩りの王」1巻、表記が間違ってました。

(誤)「春の火」→(正)「春ノ火」ですね。すみませぬm(_ _)m
2018/10/20 8:54
 
▼初音むつな
11月28日発売の楠木誠一郎さんの「命がけの青春 新選組」ですが、「火の鳥伝記文庫」公式サイトに10月19日付で「11月新刊『新選組』を紹介します!」というコラムが掲載されました。カバーの刷り出しの写真が掲載されていて、表紙・裏表紙・カバー袖の3点が確認できます。裏表紙の隊士たちはこの写真ではよく見えませんが、表紙とカバー袖は、特に解説があるわけでもないのに、誰だかわかりますねえ。さすがはイメージが世に浸透している新撰組と言うべきでしょうか(^^;)
2018/10/20 5:14
▼初音むつな
ほるぷ出版さんからtwitter上で情報いただきました(ありがたいですが、いいんだろうか…(^^;))
日向理恵子さんの「火狩りの王」、12月17日発売の1巻は「火狩りの王<一>春の火」だそうです。児童向け読み物で1巻が「春」だと、「春夏秋冬の4巻シリーズかな?」と安易に想像してしまいますが、果たして?(^^;;)
2018/10/20 4:37
▼初音むつな
「公式」、10月15日頃にプチ更新されていました。「火狩り(ひかり)の王シリーズ・1」が刊行予定にお目見えしています。このシリーズ関連の情報で「1」の表記は実はこれがはじめてですかね(^^;)
2018/10/16 2:58
▼初音むつな
「火の鳥伝記文庫」の公式サイト、10月12日付で『「伝記を読もう!フェア」開催します!』との記事が掲載されていました。その中に、「11月には、『新撰組』が発売予定!! 制作のようすなども、おとどけしていくよ!」というちょっと気になる文言が。ちょくちょく確認しておいた方がよさそうですね(^^;)
2018/10/15 1:30
▼砥部粧
初音むつなさん、2度いらっしゃいませ。
火狩りの王続報、有難うございます。プルーフ…初めて耳にしましたね。検索してみると、「お酒の強度」、「特殊貨幣」などの意味に混じって印刷関係では「校正」の意味が。書店向けに出した担当者向けの「さわり」をプルーフとは、なんだか業界流行用語っぽい感じです。で、「謎の鎌みたいな武器」ですが、まあ、鎌ですよね。先端が黒ずんでるのと、何か垂れ下がってるように見えるりはなんですかねえ?粗筋というか番宣?、読んじゃいましたが、SFファンタジーなんですねえ、タイトルからして原始時代っぽいお話かと思ったんですが、児童書と言っても童話じゃないんですね、「七つの封印」と同じ括りですか。

新選組続報、有難うございます。この方が区別がついて良いですね。それにしても、講談社BOOK倶楽部さんのリスト、特定の作品を探すには、なんだか分かり難いですね。目視で見つけられず、ページ内検索でやっと見つけました。文庫なのに「一般書籍」扱いとは…、火の鳥伝記文庫。少し調べてみると、青い鳥文庫と並ぶ子供向けの文庫で1980年頃から創刊されてて、歴史は古いんですね。ただ、ネタ切れなのか、最近は発行が止まってて、5年前の「黒田勘兵衛」以来となるようです。ずっと、偉人伝だったのに、新選組って大丈夫か?という感じです。しかも、タイトルはずっと人名、唯一の例外は「日本のファーブルたち」(ウィキより)。ま、山田絵なんだから、いいのか。
2018/10/14 11:02
▼初音むつな
11月28日発売予定の火の鳥伝記文庫ですが、講談社BOOK倶楽部によると正式タイトルは「命がけの青春 新選組」となったようです。こちらも楽しみですねえ(^^)
2018/10/14 1:07
▼初音むつな
「火狩りの王」、書店向けにはすでにプルーフ(ダイジェスト版の小冊子)が配布されているようで、その表紙に山田センセが描いたとおぼしき、謎の鎌みたいな武器の絵が掲載されています。一般読者が手に入れるのはちょっと難しいかもですが、こういうのが出てくると期待が高まりますね(^^)/
2018/10/14 0:25
▼砥部粧
初音むつなさん、いらっしゃいませ。
火狩りの王、追加情報有難うございます。「火狩り」、なんて読むのか、検索したりして調べましたが、フツーに「ひかり」でいいんだなと、確認もできてすっきりしました。11月の「新選組」に続いて、アルスラーンもたぶん?あるんだろうし、楽しみが尽きませんねえ。
2018/10/13 16:24
▼初音むつな
日向理恵子さんの「火狩りの王」、書誌情報などはまだ霧の中ですが、ほるぷ出版さんのtweetによると、シリーズ刊行スタートは12月17日のようです(^^)/
2018/10/13 0:36
▼砥部粧
下のリンクがうまくいってませんでした。
2018/10/7 0:56
▼砥部粧
肝心の「火狩りの王」情報、忘れてました。来ましたね、ファンタジー。しかも長編シリーズ!12月刊行予定で、日向先生が鋭意制作中って、先生のイラストは大丈夫なのか、多少不安ですね。日向先生の「神様のような」山田先生像が崩れ去らなければいいんですが…。
2018/10/7 0:39
▼砥部粧
初音むつなさん、2度いらっしゃいませ。
京都行かれたんでしたねえ。「京都の洋館」、そこそこしましたね、なんでも買ってますね。ちなみに、「新版・京都の洋館」てのもありまして、新版のくせに2009年発行で、下記のアマゾンさんで、哀しい値段で売られてました、無関係ですが…。ギアにも行かれたんですね、お疲れ様です。
無双OROCHI3発売情報、有難うございます。最近、こんなの多いですねえ。プレステ無いのでやったことはありませんが…。
真山先生インタビュー、当たりでしたか、良かった。あれ?スカルマン、ボンズさんでしたか?一応、現物をざっと確認したんですが、見落としてましたか…。
ジオシティ、そおなんですよ、情報速いですね。移行、めちゃくちゃめんどくさいので、早めに移行先を決めて、閉鎖されるまでに完全移行する準備にかからねばなりません。サイト内の全リンク書き換え、まあ、言うほど多大なる困難でもないんですけど。
2018/10/7 0:32
▼初音むつな
「公式」、10月1日か2日に更新されていました。TOPページのInformationとWorksに、火の鳥伝記文庫「新選組」(著:楠木誠一郎)の情報が掲載されていますね(^^)/

さてtwitter上では、作家の日向理恵子さんがご自身のつぶやきで、12月から刊行開始予定の『火狩りの王』という長編シリーズの装画・挿絵を山田センセが担当する事を明かされています。ほるぷ出版からの刊行のようなので、カテゴリー的には児童向け読み物という事になるでしょうか。新しいシリーズものの挿絵なんて久しぶりですねえ。一時は死の淵を彷徨った山田センセでしたが、ついにいよいよ、完全復活という感じでしょうか(^^)/
2018/10/2 23:44
最新投稿

4286アクセス
Presented by Z-Z BOARD