今日の一句

俳句は心のアルバム、言葉のスナップ写真
良馬
Re:つく坊さん
枝のまま茹でて、そのまま食べるから、枝豆、、、そうでしたよね!
すっかり忘れていました。

二本目の枝豆食らひ巨人勝つ  良馬

昔を思い出しています。
こちらでは、冷凍の枝の無い枝豆しか買えません。
良馬
Re:石寺伸一さん
実家の台所には、ガス台の他に、木や炭で炊く大きな釜が2台ありました。
その釜で枝豆を枝のまま茹でていたのです。
なんせ、5人兄弟の長男の家だったし、親戚が集まると何十人にもなりましたからね。
つく坊
今日は「立秋」。二十四節気季語の一つで、「秋立つ」「秋来る」「秋に入る」などの傍題があります。暦の上ではこの日から秋に入りますが、実際にはまだまだ厳しい暑さが続きますね。皆様、どうぞご自愛ください。

秋立つや風が息巻く野菜畑  つく坊
つく坊
Re:良馬さん
> 枝のまま茹でて、枝を持ちながら食べていたのを思い出します。

枝のまま茹でるので「枝豆」というのだそうです。「おつなひめ」は初めて聞く銘柄ですがどうやら関東品種のようですね。

子どもの頃は「だだちゃ豆」を大ざるに入れて家族中でよく食べました。鵜渡川原ではどの家も畑にだだちゃ豆を植えていましたね。今思うとあの美味しさは格別でした。テレビなどで盛んに紹介されたせいか今では全国的にすっかり有名になっています。

一昨年兄から種を送ってもらったけど、土壌が合わないのかうまく育ちませんでした(×_×)

枝豆や笑ひ上戸の母のこと  つく坊

石寺伸一
Re:良馬さん
枝のまま茹でるって、鍋どんだけ大きいの😜
おつな姫という品種は我が家でも植えたので
初めて知りました。農薬も化学肥料も使わず
耕しもせず よく頑張ったね〜と言いながら
試食しました。収量は少ないんですがおいしかったですよ。👍
石寺伸一
Re:つく坊さん
そうなんですね。それでは おつなひめは却下して 今考えてます。😅


 
良馬
Re:石寺伸一さん
8月の今頃から俳句では、もう初秋になりますが、
枝豆は三秋の季語でしょうか、、、

枝のまま茹でて食べたやおつなひめ  良馬

子供の頃、裏の畑に祖父が枝豆も植えていて、
枝のまま茹でて、枝を持ちながら食べていたのを思い出します。

乙な姫、、、の意味かな?
食べたことないですが、酒田では季語で通じるかもね、、、
でも品名は季語にならないのかな? Up 8/6 23:48